Menu

聴覚障がいについて

Home

聴覚障がいについて

あなたの周りにいます。聞こえない、聞こえにくい人が。

どう対応していいのかわからないあなたにお届けします。(聞こえのガイド)

聞こえない、聞こえにくい人には生まれつき聞こえない人、人生の途中で聞こえなくなった人、幼少時から難聴の人など、さまざまな人がいます。
話すことができる人、できない人、手話のできる人、全くできない人、いろいろです。文字で書いたり、口の動きで判断したり、表情や身振りなどいろんな方法でコミュニケーションをしています。外見ではわかりません。

困っていること

●鉄道、バスなどの公共機関での放送(事故や遅延などの放送) ●大人数の会話に入れない ●話せる=聞こえるという勘違い
●マスクで口元が見えないと話がわからない ●病院の待合室の呼び出し ●手話がわかると思われていること など

ひとこと

高齢化社会を迎え、「聞こえ」に不自由を感じている方が多くなってきました。聞こえないのは外からわかりません。
「あの人、耳が遠いのかなぁ?」また、「耳が聞こえないから何を言ってもダメ」と決めつけていませんか。

聞こえづらい人にとって無視されるのが一番つらいことです。私たちも同じ一人の人間です。いろんな人とのつながりを持ちたいのです。
あなたの周りに聞こえない人がいて、どう対応していいのかわからなく迷っていれば、ぜひこの「聞こえのガイド」を思いだしていただけると幸いです。
(西宮市聴力言語障害者協会 難聴部)
  • フォーワンズスペースとは
  • 聴覚障がいについて
  • 利用者様の声
  • 花ことば
  • 一般の方へ
  • 福祉従事者の方へ
お問い合わせはコチラ